俺に出来るわけがない

オレに、出来るわけない。

私には、そんな才能はない。

そんなの無理だ。

どうせ・・・失敗するに決まっている。

 

そんなあなた。

起業する資格があります。

 

そもそも。

起業したい人は、何らかの思いや感情を持っています。

ボランティアで起業したい人はいませんし、安定を望む人は起業しません。

何らかの変化を望む人。
今までの境遇を恨む人。
新しいモノを求める人。

そうした人たちが、あるいはそうした感情を多少なりとも持っている人が起業する資格があると言えます。

なぜなら。

起業にはパワーが必要です。

そのパワーを出すには、相応のモチベーションが必要になってきます。

それは、プラスの感情かもしれない。
しかし、マイナスの感情ではいけないわけでは無い。

例えば、誰かに馬鹿にされたとか、貧乏で苦労したとか。
そうしたマイナスの感情や経験が

いつか見返してやる

と言った感情に変わり、そのための手段として起業を選択する。
今までマイナスの状態だったものが、起業を通してプラスに変わる。
起業して、成功すれば、それはプラスですよね。

人々を助けたい・役に立ちたいというプラスの感情からも起業は出来ますが、それよりもマイナスの感情からの方が力が強い。

もちろん、起業する人がすべてマイナスの感情を持って起業しているわけではありませんが、マイナスの感情を持った人こそ起業すべきだと思います。

 

そういう私も、思ったことができないことから起業に至りました。

人間誰しも聖人君子ばかりではありません。
マイナスの感情を少しは持っているはず。
であれば、あなただってできるはず。

4月から新年度。

ひそかに起業の準備を始めてみませんか?